top of page

地域女子選抜対抗戦 - 関東選抜として平田美紀選手、吉野里菜選手が参戦



2022年4月10日(日)、海浜幕張になる夢フィールド・ピッチカリオカにおいて、初の試みとなる、3つの選抜チームによる、地域女子選抜対抗戦が行われました。

男子ビーチサッカー・日本代表チームの田畑コーチによるクリニックの後、関東女子選抜、女子BS地域選抜、Thetisツアー選抜の3チームが総当たりで対抗戦を行いました。関東女子選抜は12分プレイング3ピリオドを2試合連続で戦うという、過酷なレギュレーションでしたが、選手たちは最後まで走り抜きました。


試合結果:

 関東女子選抜 9-4 女子BS地域選抜

 関東女子選抜 4-5 Thetisツアー選抜


第1試合は女子BS地域選抜に先制するものの、途中までは粘られる展開でしたが、第2・3ピリオドで突き放し、9-4と勝利しました。 平田美紀選手はチームに勢いを与える先制点を豪快なフリーキックから決め、攻守にわたる質の高いプレーでチームの勝利に貢献しました。


第2試合はThetisツアー選抜に第1ピリオド先制し、一時2点差に差を広げるものの、第2ピリオドに2-4と逆転を許し、第3ピリオド、平田美紀選手の技ありシュートで1点差、さらに内山選手のシュートで同点に追いつくも、その後、再び勝ち越され、終了間際、味方ゴレイロからのスローを受けた平田選手が見事なオーバーヘッドシュートを放つも、相手選手の攻守に阻まれ、同点ゴールはならず、試合は4-5と惜敗しました。


2戦2勝を狙っていた関東女子選抜だけに、あと一歩及ばず、悔しい結果でしたが、たった2ヶ月の準備期間の中で、普段はライバルとして戦っている選手たちがひとつのチームとなり、互いをリスペクトしながら勝利を目指せたことは本当に貴重な経験でした。 結果は1勝1敗でしたが、関東女子選抜はビーチサッカーらしいプレーを随所に披露し、フェアでクリーンで、かつ質の高いプレーを見せることができました。


吉野里菜選手もサポートメンバーとして、チームを前向きに盛り上げ、岡野大和監督もコーチとして、レーヴェ横浜フラウの小川監督、土橋コーチとともに、チームを支えました。


関東女子ビーチサッカーリーグは5月29日(日)にひらつかビーチパークで開幕を迎える予定です。


ゾンネは今回の貴重な経験を糧に、強豪チームとも渡り合えるチームとして、メンバー一丸となり成長していきます。 さらなる応援をよろしくお願いいたします。


最後に、この大会を実現してくださった関係者のみなさん、運営補助に入ってくれたレーヴェ横浜ユングのみなさん、対戦したチームのみなさん、そして、関東女子選抜の選手・スタッフに厚く感謝申し上げます。 ありがとうございました!


ユニフォーム提供: #CAPAZ




閲覧数:106回0件のコメント

Comentarios


bottom of page