top of page

関東女子ビーチサッカーリーグ2023 第3ラウンドを終える。ゾンネは通期2位でプレーオフラウンドへ。


6月25日の第2ラウンドから約2ヶ月を空けて、8月19日(土) SAL SPORTS PARK横浜瀬谷にて、関東女子ビーチサッカーリーグ第3ラウンドが開催されました。夏季の開催を考慮して、関東女子リーグでは初めてとなるナイトゲームも行われました。


ゾンネは初戦、まだ気温が35度を超える過酷なコンディションの中、東京ヴェルディプライアナBSと対戦しました。

ほぼベストメンバーの12人フル登録のプライアナに対して、ゾンネは9人での戦いとなりましたが、今年テーマとしてきた「守備」がこの試合でも発揮され、第1ピリオドはプライアナに決定機をなかなか与えない拮抗した展開となります。ゾンネも何度かチャンスを掴みましたが決めきれず、0-0で終了。


第2ピリオドの飲水タイムまで同様の展開が続きますが、終盤、ゾンネのクリアボールがラインを割らず、そのボールを拾われてセンタリングされ、ヘッドで合わされて痛い先制点を奪われます。さらに、終了間際、セットプレーの流れから一瞬マークを外され、さらに失点し、0-2で第3ピリオドを迎えることとなりました。


第3ピリオド開始早々、平田選手がこの試合2枚目のイエローカードで退場処分となり、試合も荒れていきますが、ゾンネは集中力を切らさず、1人少ないシンビンの2分間を無失点で守り抜きます。

その後、ゴールを奪いに行きますが、逆にプライアナにさらに1点を奪われ、試合はそのまま0-3での敗戦となりました。


しかしながら、ゾンネがテーマとしてきた「守備力」の向上を改めて実感できる、確かな手応えのある試合となったことは間違いありません。

厳しい状況の中、選手たちは奮闘しました。


2試合目はOMIASHI BEACH SCと対戦。

ゾンネは8人という少ないメンバーで挑みましたが、この試合も守備が光り、無失点。

各ピリオドで手堅く得点を重ね、5-0で勝利しました。


この結果、ゾンネは後期を1勝0分2敗の3位で終え、通期では東京ヴェルディプライアナBSに続く、2位となり、9月18日(月・祝) 鴨川令徳ビーチコートで行われる、プレーオフラウンドに進むこととなりました。


ゾンネ創設初のタイトル獲得に向けて、プレーオフでは果敢に戦います。

また、得点王争いでは、平田美紀選手が現在10得点で1位タイとなっており、3年連続の得点王獲得も期待されます。


今後もゾンネへのアツい応援、よろしくお願いします!!





閲覧数:80回0件のコメント

Commentaires


bottom of page